金柑画廊

水田茂夫「Twinkle Twinkle Tin Tin Tin」 2018.12.8 Sat – 2019.1.6 Sun

金柑画廊で2度目の個展となる水田茂夫「Twinkle Twinkle Tin Tin Tin」を開催いたします。
ゆるい線と物語的な構成が特徴的な水田茂夫のドローイング。ドローイングは彼にとって、脳内で巡る哲学的な思想や物語を語る言葉となります。今回の展示は哲学的なテーマも含んだ新作を中心に構成されます。この機会に是非ご覧ください。

絵と文学と哲学と。絵が文字の始まりならば、文字も絵に先祖返りしていくのかもしれない。物語を語る言葉が絵に逆転していくような。切なさとユーモアが混在した表現とインスタレーション(たとえ表現側と受け手側のディスコミニケーションがあったとしても)が不思議な説得力を持ちながら成立している。その説得力がテーマによるのか、絵そのものによるのか。もし宇宙人がいるのならば、絵を描くことが彼らとの一つのコミュニケーションになるのだろうとふと考える。物語や思想が語られるユートピア的ドローイングが彼の作品の魅力だと思います。   
(金柑画廊|太田京子)

————————————————————————
水田茂夫「Twinkle Twinkle Tin Tin Tin」
2018.12.8 Sat – 2019.1.6 Sun
木・金・土・日・祝 開催
※年末年始のお休み:12/30(日)ー1/3(木)
————————————————————————

水田茂夫 Shigeo Mizuta
1973年 天草生まれ
錯覚や思い込みの曖昧さ、存在の不確かさなどをテーマに作品を制作。

近年の個展
2016 「ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ」  金柑画廊 (目黒)
2017 「フランケンシュタインのフランケンシュタイン」 納戸/galleryDEN5(代田橋)
2018 「モナドとモナド」Tetoka(神田)

※イベントなどの情報は、WEB・SNSなどで更新いたします。