金柑画廊

清水範康 作品展 「小さきものたち」 2018.3.17 Sat – 3.25 Sun

image101

金柑画廊では清水範康個展「小さきものたち」を開催します。京都にアトリエを構えジュエリー作家として活動されている、清水範康氏の東京での初めての個展となります。土偶愛好家であり土器採集も趣味としている清水範康氏が作るジュエリーは、土偶や動植物などをモチーフに、細部にこだわりながらおおらかでユニークな表情をみせてくれます。期間中には、”旅するチャイ屋 Watta chai ”、”太陽バンドととんちピクルス”を招いての清水範康企画イベントも開催いたします。作品展とあわせて、インド式チャイやライブもこの機会に是非楽しんでください。

清水範康 (アトリエ シミズ ジュエリー ワークス) http://ateliershimizu.com/
1967年 福岡生まれ
あらかじめ想定された形に、あと少しだけ偶然性をまとった小さきものたち。 技法から導かれるかたちを探求しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
清水範康 作品展 「小さきものたち」
2018.3.17 Sat – 3.25 Sun
12:00−19:00(最終日17:00まで)
※会期中無休
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
image7

<旅するチャイ屋 Watte chai>
3.24 Sat/3.25 Sun

今回初めての東京での開催になります。素焼きの器でチャイを飲んで、それを割るというインドスタイルのチャイ屋さんです。 美味しい楽しいチャイを楽しみに来てください。
旅するチャイ屋 Watte chai https://www.facebook.com/wattechai2013/

<”とんちピクルスと太陽バンドのウィークエンド★どぐう★ハッスル”>
3.24 Sat  19:30 開演
参加費 投げ銭

太陽バンド http://www.taiyo-band.com
ニューヨーク生まれ、広島育ち、東京在住の畑俊行によるソロユニット。出会いと別れ、笑いや涙、男の哀愁など、日々の風景を時に熱く、

時に優しく歌う。弾き語りとバンドスタイルの両方で活動中。スカンク兄弟のメンバーでもある。フェイバリットはThe BAND、PRINCE、 ちあきなおみ、水曜どうでしょう、北の国から、1・2のアッホ、温泉、うどん、水玉模様。2008年にアルバム『8』を、2013年2ndアルバム『穴』 をリリース。

とんちピクルス
福岡在住の松浦浩司によるソロユニット。
ウクレレの弾き語り、自作のバックトラックにのせてラップなど奔放なスタイルで人生のわび、さびを歌い上げる。淋しい歌からエロい歌まで、 人形メンバーと繰り広げられるステージは、夜の大人の学芸会といった趣。本人は『TPOわきまえてる』って言うけど、あたしは嫌い。大嫌い。

太陽バンドととんちピクルス
数年前から『ウィークエンド★ハッスル』と題し、週末ツアーを続ける二人。2015年3月には、ミックス&マスタリングに久保田麻琴を迎え、 ツアータイトルを冠にした友情スプリット両A面シングル『夫婦げんか/弟よ』を発表。

image5
image6
image9