金柑画廊

Archive
お知らせ

金柑画廊は、新山清の写真展「KONTAKT」を開催いたします。新山清が数多く残したコンタクトプリントからセレクトした約36点の6×6判のヴィンテージプリントを展示いたします。新山清(1911-1969)は戦前から戦後にかけて活動した写真家です。風景から人物まで、様々な作品を数多く残した新山清。真摯に自由に写真を撮り続けた彼の作品は、“Subjektive Fotographie”(主観主義写真)を提唱したドイツ人写真家のオットー・シュタイナートによって広く世界に知らしめられ、国内外で評価されています。ご子息である新山洋一氏曰く、撮影はもちろん暗室作業にも大変熱心に取り組まれていたそうです。コンタクトプリントとは、現像したフィルムを印画紙に密着(コンタクト)させて原寸プリントしたもの。自身の手で一枚一枚丁寧に焼いたコンタクトプリントが数多く残っていることからも、暗室作業への情熱が見てとれます。写真をトリミングした痕跡も残っており、彼の写真に対するこだわりや美意識、作品制作のプロセスを垣間見ることができる貴重な資料でもあります。今回の展示に向けて制作した書籍「KONTAKT Kiyoshi Niiyama」の販売も予定しておりますので、この機会に是非お越しください。
(太田京子|金柑画廊)

 

「親父の写真、見てみる?」
と息子の洋一さんから誘われたのは、今から10年程前のことだろうか。
新山清という写真家の名前すら知らなかった僕は作品を一枚一枚を見ていくうちに、じんわりと新山清の世界に惹かれていった。そこには好きなものとじっくり向き合って写真をつくる純粋な喜びみたいなものが溢れていた。目を輝かせながら、楽しげに話す洋一さんの姿はさらに印象的で、当時自分の写真表現に試行錯誤していた僕は「ごちゃごちゃ考えてないで、好きな写真を撮ればいいんだよ」と新山親子に言われているようで、なんだか勝手に救われた気持ちになったのを憶えている。

新山清は戦前から1969年に亡くなるまで、周囲の評価や時代の風潮を気にせずに自分の撮りたいものだけを撮りたいように撮影し、暗室でもあらゆる手段を使用し自由に表現をしてきた写真家だった。
カメラは高価なものではなく、廉価なカメラを使用し、フィルムも決して無駄に使わずにバシャバシャと乱写することはなかったようだ。さまざまな対象をモチーフとはしているが、その中でも特に風景写真を数多く撮影した。
切り取る風景はどれも緻密に考えられており、その構図は「新山フレーミンング」とでも呼べるほど独自なもので見ているものにいつまでも飽きさせない不思議な魔力がある。
当時の写真雑誌で新山清はこうコメントしている。
「自分のからだにじかに感じる風景の内面的なものを写したい。そんな気持ちから私は作画行動をしているが、なかなか思うように写らないものである。引き伸ばしてみるたびに力の足りないのを痛感する。そして、風景のむずかしさにいささかへきえきしながら、風景への思慕はますます深くなっていく」

ここには新山清の写真に対する慎ましくも真摯な姿勢が伺える。新山清の写真が今見ても全く色褪せることなく映るのは、このような無垢な姿勢と視線が見る者の目や心までも純粋化させるからではないだろうか。
(酒 航太|スタジオ35分)

——————————————————
Kiyoshi Niiyama “KONTAKT”
2019.3.30 Sat – 4.28 Sun
木・金・土・日・祝 開催
12:00-19:00
——————————————————

新山清 Kiyoshi Niiyama

1911年愛媛県生まれ。東京電気専門学校卒業。1935年に理化学研究所に入社。パーレットカメラの同人会のメンバーとして写真家活動を開始し、作品を多くのサロンや国際的写真雑誌に発表。ロンドン・パリ・サロンで数点が入選、雑誌アメリカン・ポピュラーフォトグラフィー、フォトモンドのコンテストに入選。その後、全日本写真連盟や東京写真研究会での活動を通して日本のアマチュア写真家育成に携わる。1957年に旭光学に入社し、東京サービスセンター所長に就任。1969年5月逝去。

<海外での写真展>
2006年9月 「変貌」(ベルリン Monochrome Gallery)
2008年1月 「Otto Steinert & Kiyoshi Niiyama」(ベルリン Kitchen Gallery)

<写真集>
1970年5月      遺作集「木石の詩」
2008年11月 「新山清の世界」パーレット時代  1937~1952
2010年11月  「新山清の世界」ソルントン時代  1947~1969

<収蔵>
Museum Folkwang(エッセン・ドイツ)

 

協力:(株)コスモス インターナショナル

※イベントなどの情報は、WEBサイト・SNSなどで随時更新いたします。

Read More

毎年恒例のholo shirts.の受注会、今年は5回目となります。
受注会は3月9日(土)、10日(日)の2日間ですが、3月7日(木)から、holo shirts.のサンプルシャツや生地などを手にとってご覧いただけます。
自分の体にあったシャツ、仕様にこだわったシャツなど、自分にぴったりしっくりくるシャツを仕立てる良い機会です。。
ちょっと見てみて話を聞いてみたいという方も大歓迎です。是非是非お気軽にぶらっと立ち寄ってください。
(金柑画廊|太田京子)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
holo shirts.受注会

2019.3.9.Sat/3.10.Sun 11:00-19:00

プレオープン
3.7.Thu/3.8.Fri(※スタートは12:00からです。)
シャツ生地やサンプルシャツなど手にとって見ていただけます。

(受注会は11:00スタートとなりますのでご注意ください。)

ご予約の方を優先してご案内いたしますので、ご希望のご来店日時をお知らせください。
お問い合わせ:info※holoshirts.com (※を@に変更ください)

holo shirts. http://holoshirts.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Read More

2019 コレクション展
2019.2.10 Sun – 3.3 Sun / 3.14 Thu – 3.24 Sun
12:00 – 19:00
木・金・土・日・祝 開催

※イベント、予定などのお知らせはWEB,SNSにて随時させていただきます。

Read More

年末年始のお休みです。
2018.12.31 Mon – 2019.1.3 Thu

2019.1.5 Sat/1.6 Sun は「戯曲:Twinkle Twinkle Tin Tin Tin」を開催します。
2019.1.12 Sat から、名和真紀子写真展「小さな旅」が始まります。

今年も、みなさんに支えられたいい一年となりました。どうもありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

Read More

金柑画廊は、名和真紀子写真展「小さな旅」を開催いたします。
彼女は、10年程前に一人暮らしの男性の部屋を一人で訪ねてポートレートを撮影していました。恋人でもなく家族でもない、友人の時もあれば、撮影をきっかけに出会った人の時もある。ポートレートを撮影することそのものに、その場限りで起こりうる「親密さ」が生まれて、男性のプライベートな空間に女性が入るという行為でまた別の「許す」という「親密さ」が生まれてきます。彼女の写真に現れるその「親密さ」の距離感がこの写真の面白さでもあります。誰にでも見せているようで見せていない顔、自分だけのテリトリーである部屋に踏み込ませる側の決意というと大げさですが、見る側もそこを覗いてみたい、身近にある小さな秘境なのだと思います。「小さな旅」は、隣にある秘境を訪ねる旅でもあるのです。
今回の展示では、新たに撮り下ろしたポートレート作品が並びます。この機会に是非お立ち寄りください。(太田京子|金柑画廊)

————————————————————————
名和真紀子写真展「小さな旅」
2019.1.12 Sat – 2.3 Sun
木・金・土・日・祝 開催
12:00-19:00
————————————————————————
※1/20(日)18時からトークイベントのため、通常展示は17時までとなります。ご了承ください。

教えてもらったマンションのエレベーターを待っていると、スーパーの袋を持った人が、寒いですね、と声をかけてくれる。とっさに住人になったつもりで、エレベーターのボタンを押して挨拶を返す。
廊下の一番奥にあるピンポンを押すと、ドアを開けてくれた彼は初めて会ったのに意外な感じがする。友人の少しの説明とメールのやり取りで何か想像していたせいかもしれない。ベッドルームを横目で見ながら入ったリビングで、ちょっと高すぎる椅子に座ってコーヒーを入れてくれるのを待つ。紹介してくれた友人のことや窓から見える景色のことを話す。行きつけのお店でご飯を食べることや、タンゴに通ってること、子供の頃に仲が悪かったお兄さんと二人でよくゴルフに行くようになった話を聞く。私の好きな小説がおいてある。
撮り終わって帰るとき、出かける用があるからと、ドアに鍵をかけてカメラバッグを持って送ってくれた。

名和真紀子 Makiko Nawa. http://nawaphoto.com/
岡山市生まれ。大阪で大学に通っていたころ、友人に写真部に誘われたことがきっかけで写真を始める。スタジオ勤務、アシスタントを経て、2003年以降フリーランスとして活動。ポートレートを中心に風景、ジャンルを問わず撮影する。雑誌や書籍、CDジャケット、広告Webなどで活動。近年の個展として「地図がなくても」(2017)などがある。

————————————————————————
トークイベント:「小さな旅」
名和真紀子 × MOTOKO
1/20(日)18:00-
入場料:¥1,000 +1ドリンクオーダー
————————————————————————

写真家のMOTOKOさんをゲストにお迎えしてトークを開催いたします。
「ローカルフォト」という地域に根ざした新しい概念を提案するMOTOKOさんと「小さな旅」でポートレートを発表している名和真紀子さん。自撮りで気にいるように自分の写真が撮れてしまうこの時代に”ポートレートを撮ること”がどういう意味を持ってくるのか。MOTOKOさんは地方へ、名和真紀子さんは彼らの自宅へと足を運びます。ポートレートを撮ることで彼女たちが何をしようとしているのか、それぞれの撮影現場のお話なども含めながらざっくばらんに話していただきます。

MOTOKO     http://reallocal.jp/49420
写真家。1996年から写真家として東京を拠点にCDジャケットや広告など幅広く活躍する。2006年より日本の地方地域のフィールドワークを開始。滋賀県の農村をテーマとする「田園ドリーム」の撮影をスタート。2013年香川県小豆島で写真展「小豆島の顔」を開催後、小豆島在住の7人の女性のカメラチーム「小豆島カメラ」をオリンパス(株)とともに立ち上げる。以降、様々な地方で、写真によるまちづくり活動を実施。近年は “地域と写真” をテーマに「ローカルフォト」という“コマーシャル(public)でもなくアート (private) でもない、その間にある写真” という新しい概念で多くの官民連携のプロジェクトに参画。
主な事業として「長浜ローカルフォトアカデミー」、神奈川県真鶴町「真鶴半島イトナミ美術館」、山形県山形市「ローカルラーニングツアー山形」などがある。
近年の展覧会に、「田園ドリーム2018』(オリンパスギャラリー東京)、「田園ドリーム」(銀座ニコンサロン 2012)、小豆島の顔 (2013 小豆島2013)、作品集に「Day Light」(ピエブックス)「First time」(ソニーマガジンズ) 「京都」(プチグラパブリッシング) ほか。

※メール、電話でのご予約も受け付けております。メールの場合、件名「1/20 トークイベント予約」、お名前、人数、ご連絡先をご記入の上、下記メールアドレスまでご連絡ください。
kinkangallery@gmail.com / tel 03-5722-9061 太田まで

※イベントなどの情報は、SNS・ WEBなどで更新いたします。

Read More

金柑画廊で2度目の個展となる水田茂夫「Twinkle Twinkle Tin Tin Tin」を開催いたします。
ゆるい線と物語的な構成が特徴的な水田茂夫のドローイング。ドローイングは彼にとって、脳内で巡る哲学的な思想や物語を語る言葉となります。今回の展示は哲学的なテーマも含んだ新作を中心に構成されます。この機会に是非ご覧ください。

絵と文学と哲学と。絵が文字の始まりならば、文字も絵に先祖返りしていくのかもしれない。物語を語る言葉が絵に逆転していくような。切なさとユーモアが混在した表現とインスタレーション(たとえ表現側と受け手側のディスコミニケーションがあったとしても)が不思議な説得力を持ちながら成立している。その説得力がテーマによるのか、絵そのものによるのか。もし宇宙人がいるのならば、絵を描くことが彼らとの一つのコミュニケーションになるのだろうとふと考える。物語や思想が語られるユートピア的ドローイングが彼の作品の魅力だと思います。   
(金柑画廊|太田京子)

————————————————————————
水田茂夫「Twinkle Twinkle Tin Tin Tin」
2018.12.8 Sat – 2019.1.6 Sun
木・金・土・日・祝 開催
※年末年始のお休み:12/30(日)ー1/3(木)
————————————————————————

水田茂夫 Shigeo Mizuta
1973年 天草生まれ
錯覚や思い込みの曖昧さ、存在の不確かさなどをテーマに作品を制作。

近年の個展
2016 「ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ」  金柑画廊 (目黒)
2017 「フランケンシュタインのフランケンシュタイン」 納戸/galleryDEN5(代田橋)
2018 「モナドとモナド」Tetoka(神田)

ーーーーーー
「Twinkle Twinkle Tin Tin Tin:ライブドローイング」
2018.12.24 Mon
15:00-16:00/18:00-19:00
入場無料

作家によるライブドローイングイベントを開催します。入場無料です。
この機会に是非お越しください。

ーーーーーー
戯曲:Twinkle Twinkle Tin Tin Tin

1000円(+1ドリンクオーダー)
2018.1.5 Sat 16:30 開始/16:00 開場
2018.1.6 Sun 16:30 開始/16:00 開場

作家によるライブインスタレーションを開催いたします。
ふるってご参加ください。ご予約をご希望の方は下記にご連絡ください。
当日でもご参加いただけます。
kinkangallery@gmail.com 03-5722-9061 金柑画廊 太田まで
メールの場合は、タイトル「戯曲 1/5 または 1/6 予約希望」として、お名前・人数・ご連絡先を明記の上、送信ください。

※イベントなどの情報は、WEB・SNSなどで更新いたします。

Read More

金柑画廊は、阪本勇「ちぎる、貼る、貼る2」を開催いたします。写真家として活動をしている阪本勇。今回は彼の2回目となる貼り絵作品の展示です。

彼の経験や興奮、興味、思い出に衝き動かされてできた貼り絵は、カラフルなガムテープがある種のルールにのっとって、丁寧でも乱暴でもなくベタベタと貼り付けられてできている。その行為は、ただただちぎって貼る、それ以上でもそれ以下でもない。『コンセプトではなく、衝動がある。(中略) それらの衝動をコンセプトと呼んでいいのなら、僕のコンセプトはこの世あの世の有象無象、一切合切全てを含めた森羅万象の出来事なのです。』昔々の人たちも洞窟に絵を描いたり、土偶を作ったりしていた。阪本勇の貼り絵を眺めていると、そんなことを考える。(金柑画廊|太田京子)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
阪本勇
「ちぎる、貼る、貼る 2」
木・金・土・日・祝 開催
12:00-19:00

「ちぎる、貼る、貼る 2」ライブ vol.1 / 2018.11.8 Thu 19:30開場 20:00開演
・良元優作「へたくそな唄と、へたくそな貼り絵。

「ちぎる、貼る、貼る 2」ライブ vol.2 / 2018.11.23 Fri 17:30開場 18:00開演
・ どれ彦「どれ彦 デビューライブ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

阪本勇 Isamu Sakamoto
1979年 大阪生まれ。
大阪府立箕面高校卒業。
写真家 本多元 氏に師事後、独立。

2006 第26回 写真ひとつぼ展
2008 塩竈写真フェスティバル フォトグラフィカ賞
2010 作村裕介のうっ~ん!モーレツッ!! 月刊ブログ大賞

現在東京在住。

http://sakamotoisamu.com

<受賞>

2006 第26回 写真ひとつぼ展
2008 塩竈写真フェスティバル フォトグラフィカ賞
2010 作村裕介のうっ~ん!モーレツッ!! 月刊ブログ大賞

<個展>

2010 『大・阪本勇写真展』/ 海岸通ギャラリー・CASO(大阪)
『昼光ジャズ』/ アートセンター・オン・ゴーイング
(東京・吉祥寺)
2011 『べっぴんさん、べっぴんさん。一人とばしてべっぴん
さん。』/ 道草(東京・渋谷)
2012 『昼光ジャズ / 特装版』/ アートセンター・オン・ゴー
イング(東京・吉祥寺)
2013 『ちぎる、貼る、貼る』/ アートスペース いさら(東京・恵比寿)
2014 『ジャポニカイサム帳展』/ アートスナック番狂わせ(東京・四ッ谷)
2014 『天竺はどこや!!』/ ガーディアン・ガーデン(東京・銀座)

※イベントなどの情報は、WEB・SNSなどで更新いたします。
11/23(金)は、ライブ開催のため17時までの通常展示となります。ライブ開催中の展示もご覧いただけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ちぎる、貼る、貼る 2」ライブ vol.1

良元優作「へたくそな唄と、へたくそな貼り絵。」
2018.11.8 Thu 19:30開場 20:00開演
¥1,500(1ドリンクオーダー)
※当日のライブDVD(ダイジェスト)付き
撮影:阪本勇
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

良元優作(よしもと ゆうさく)
アコースティック・ギターを弾き語るシンガー・ソングライター。代表曲『満月の手紙』は、故・中島らも晩年の愛聴歌だったという。
1977年生まれ。大阪市出身。
https://ysaku.exblog.jp
twitter:https://twitter.com/yoshimotoyusaku

予約をご希望の方は下記アドレスまたはお電話でご連絡ください。メールの場合は、件名『「へたくそな唄と、へたくそな貼り絵。」予約希望』でお願いいたします。
kinkangallery@gmail.com / 03-5722-9061 金柑画廊:太田まで

※DVDは後日お渡しとなります。当日撮影が入りますので、お客様が映る場合がございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ちぎる、貼る、貼る 2」ライブ vol.2

どれ彦「どれ彦 デビューライブ」
2018.11.23 Fri 17:30開場 18:00開演
入場無料
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「どれ彦」はアルトサックスの出利葉信之とコントラバスの荒川堅志郎のデュオ。
3年程前からセッションを重ね、湧き出るアイデアのひとつひとつを取り出して、ゆっくり、ゆっくりと曲を作ってきました。
リズミックな変拍子の曲もあれば、まるで童謡のようなかわいいメロディの曲もあり、どれ彦の音楽はいろいろな具材が入ってゆっくり煮込んだ、まるでもつ煮込みのような音楽です。お酒にも合う「どれ彦」の音楽を、のんびりと一杯やりながらでも聴いてください。(阪本勇)

予約をご希望の方は下記アドレスまたはお電話でご連絡ください。メールの場合は、件名『「どれ彦デビューライブ」予約希望』でお願いいたします。
kinkangallery@gmail.com / 03-5722-9061 金柑画廊:太田まで

Read More

金柑画廊は広瀬良二個展「皺と襞」を開催いたします。
主に古い素材を支持体として使いながら独自の世界を表現し続けている広瀬良二。今回は金柑画廊での3回目の個展となります。今回のタイトルである「皺と襞」には、紙やものにできる皺や襞そのものだけでなく、自身の内側にある皺や襞に隠れた部分という意味も込められています。これまで小さな作品群を得意としてきましたが、いままでにはない大きな作品も発表いたします。展示にあわせて、Ryutaro Endo Groupによるライブも開催いたします。広瀬良二の作品世界をより味わってください。 (太田京子|金柑画廊)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
広瀬良二個展「皺と襞」
Ryoji Hirose Shiwa to Hida
2018.10.6 Sat – 10.28 Sun
木・金・土・日・祝 開催
12:00-19:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

Out Of Style 広瀬良二 | Ryoji HIROSE
1952年生。神宮前で古道具屋「Out Of Style」を経営していた時にオブジェを作り始め、現在は古い素材の質感を取り込んだオブジェ、コラージュ、ドローイングなどを制作。作品の表現方法が固定しないように意識した制作を続けている。

2013~15年「エッセンシャルストア」(大阪)内ギャラリーにて個展を開催。
2016年  「平行線の交叉する処」(金柑画廊 / 東京・目黒)
2017年 「空に落ちる線」(ギャラリーヨルチャ/大阪)
「線の速度」(SEIN / 東京・祐天寺)
「あいまいの狭間」(金柑画廊 / 東京・目黒)
2018年 「蒸発する地平、景色の喪失、速記者」(流浪堂 / 学芸大学・東京)
「この先の不在」(TETOKA / 神田・東京)
instagram:_h_i_r_o_s_e_



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Ryutaro Endo Group/Live
2018.10.12 Fri | Open 19:30 | Start 20:00
¥1,500+1drink
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Ryutaro Endo Group
遠藤隆太朗 (G)/増渕顕史 (G)/池田陽子 (Vla)/Straytone (Synth)
遠藤隆太朗を中心に2017年に現メンバーでの初演奏を行う。即興音楽の世界で活動する4人の変則カルテットによるミニマルでジャンルレスなアンサンブルグループ。

池田陽子 | Yoko Ikeda
3歳よりクラシック・ヴァイオリンを始め、津田吉男氏に師事。20代半ばになり、譜面にない音を出してよい事をようやく知る。真なるものを音に求めて即興音楽に移行し、現在に至る。現在は、主に即興音楽の他、劇音楽、朗読との共演、バンド、実験音楽などでヴァイオリンとヴィオラを演奏する。
http://www.ftarri.com/festival/2015/yikeda.html

遠藤隆太朗 | Ryutaro Endo
遠藤隆太朗は東京を中心に活動するギタリスト。実験音楽シーンに身を置きながらもジャズやブルース等の伝統的なギターの演奏方法を使い音楽を作り、詩人、パフォーマー、ヴィデオアーティストなど幅広いジャンルのアーティストとの共演を重ねる。アメリカやイギリスでの海外公演も行い、国内外共に精力的に活動中。
https://ryutaroendo.bandcamp.com/

増渕 顕史|Takeshi Masubuchi
ギタリスト・即興演奏家。10代の頃より様々なグループでギタリストとして活動を行う。2008年頃よりはじめた、嶋澤ヒロノブとのユニット Pelktopia で即興演奏を開始する。
カントリーブルース、フリーインプロヴィゼーション、60’sロックに影響を受け、フォークロア的抒情性と、自身から切り離された音の即物性との調和を目指す。
2018年より即興演奏の為のスペース Permian の運営に携わる。
http://takashimasubuchi.tumblr.com/
http://www.permian.tokyo

Straytone
エレクトロニクス奏者。電子音楽やエレクトロ・アコースティックのパフォーマンス・作品を通して、装置による自律的な音響生成と人間による即興演奏の関係性を探求。オブスキュアなドローン/音響ノイズを作り出す。ギタリスト増渕顕史との共同イベント Spontaneous Ensembleを主宰する他、Zoo Tapes 佐々木秀典(Plateaux of Noise 現代ノイズ進化論 DOMMUNE)と共に広義のノイズミュージックを扱った Kindle 電子書籍 Recommend Magazineを開発。
https://straytone.bandcamp.com/

※イベント情報など詳細はWEB・FBなどで更新いたします。

Read More

8月は不定休となっております。お手間をおかけしますが、いらっしゃる際にはご一報くださいませ。

Read More

Ryuttaro Endo/Yoko Ikeda Guitar & Viola

1000円 (1ドリンク付)
2018.8.25 Sat 17:00 開場 18:00 開演

バイオリン, ヴィオラ奏者、池田陽子と、ギター奏者の遠藤隆太朗による演奏会を開催いたします。二人は共に即興演奏家として精力的に活動しており、これまでに遠藤隆太朗Group、sextet something(共に2017年)で共演。今回は独奏での演奏に焦点をあてます。

池田陽子 | Yoko Ikeda

3歳よりクラシック・ヴァイオリンを始め、津田吉男氏に師事。20代半ばになり、譜面にない音を出してよい事をようやく知る。真なるものを音に求めて即興音楽に移行し、現在に至る。現在は、主に即興音楽の他、劇音楽、朗読との共演、バンド、実験音楽などでヴァイオリンとヴィオラを演奏する。

http://www.ftarri.com/festival/2015/yikeda.html

遠藤隆太朗 | Ryutaro Endo

遠藤隆太朗は東京を中心に活動するギタリスト。実験音楽シーンに身を置きながらもジャズやブルース等の伝統的なギターの演奏方法を使い音楽を作り、詩人、パフォーマー、ヴィデオアーティストなど幅広いジャンルのアーティストとの共演を重ねる。アメリカやイギリスでの海外公演も行い、国内外共に精力的に活動中。

https://ryutaroendo.bandcamp.com/

Read More