金柑画廊

Archive
kinkanpublishing

IMG_3299IMG_3353
26730703_1576437169119455_5088874619594534119_n

26815145_1576448119118360_5140367082076617596_n

26805081_1573855016044337_3733900851360723504_n

26734283_1573855006044338_8816563254914930721_n

26731024_1573854989377673_5024692103677876381_n

26903984_1573854959377676_5455485555591099682_n

 

 

27073357_1588141677949004_1335618446116179900_n

27067006_1588141671282338_4583096994753032104_n

27073197_1588141597949012_1236044516538379280_n

27336563_1588141514615687_2520163350686981823_n

27067575_1588141511282354_3595210005364489981_n

IMG_3352

IMG_3348

Read More

coverimage20171226

 

TAKAGI KAORU『皿と血』出版記念 Exhibition
2018.1.15.mon – 1.28.sun 11:00-20:00

TAKAGI KAORUの書籍『皿と血』の出版記念Exhibitionを MINA-TO(スパイラル 1F)にて開催いたします。
どのようにしてこの本が出来たのか。
TAKAGI KAORU の考える「皿」とはいったいどういうものなのか。 作家自身がある時からずっと見続けてきた目線で描かれたこの本が 読者の日常にどう関わるのか。 それらをより深く読み解いていただける展示となります。

 

Opening Live
まずは港の景色をつくる。そして、海に出る。
2018.1.15.mon 19:30-21:00 free 

『皿と血』出版記念Opening LiveをExhibition会場にて開催いたします。 ライブに参加くださる方々と TAKAGI KAORU の新作品を使って「出航する為の港」を作っていきます。 なぜ港なのか、なぜ出航なのか。
このライブは2018年秋におこなわれる TAKAGI KAORU 個展ライブ
「海に出る船は持っているか。」の序章となっております。 ライブに参加頂く事で、TAKAGI KAORU が常々考える「皿」の意味は 徐々に皆様に届くのではないでしょうか。 そして、この度出版される『皿と血』の中に書かれている言葉が、 皆様の身近な出来事の一端の景色であることを実感していただけるはずです。

MINA-TO/Spiral
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 スパイラル 1F 5-6-23 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo tel.03-3498-4015
http://www.spiral.co.jp

 

MINA-TO Special Event
TAKAGI KAORU の皿で食す今日。
2018.1.15.mon – 1.28.sun 15:00-20:00 

スパイラルのMINA-TOだからこそできる特別イベントです。 会期中、スパイラルカフェの食事を
TAKAGI KAORU が『皿と血』の為に制作した皿で食していただけます。 本の中で景色を作り上げてきた皿も登場します。 作家や本に参加してくれたゲスト達が日常でみつめてきた
「食べ終えた皿の景色」というものがどんなものなのかを追体験していただけます。 お客様が食された後の皿はそのままMINA-TOに展示されます。 終えた皿を汚れていると捉えるのか、皿の上に現れた新たな景色と捉えるのか。 普段はあまりみつめる事のない「食べ終えた皿の景色」を探す時間。ぜひ、お試しください。
* 作品・書籍をご購入いただいた方が体験できる特別イベントとなっております。(限定数あり) * 都合により、内容が変更となる場合がございます。予めご了承ください。

 

TAKAGI KAORU Exhibition Live
海に出る船は持っているか。 2018年 秋 開催予定 

今回のオープニングライブ「まずは港の景色をつくる。そして、海に出る。」を皮切りに、 2018年秋、葉山にて個展ライブ「海に出る船は持っているか。」を開催予定です。 これはTAKAGI KAORU の真骨頂であり、参加者と共にTAKAGI KAORU の作品を使って、 自身に内在する船とはいったい何なのかを探す旅に出るような一日となることでしょう。 詳細ご希望の方は連絡先をメールにてご連絡ください。DMをお送りいたします。
e-mail kaoru*takagikaoru.com(*を@にご変更ください)

URL http://www.takagikaoru.com

 

146331725295801mono

皿と血

絶頂。
私が制作していく過程で迎える絶頂は何度かあるが、
最後の最後にやってくる最大の絶頂とは
人が私の作品で食事を終えた後の状態を見た時である。
食べ終えた皿がそこにあるという事は、確実に誰かしらが
エネルギー摂取をしたということであり、エネルギーを摂取した人間の
次への行動はエネルギー放出である。
そして、そのことに私の作品である皿が道具として関わった。
一般には「汚れた」と言うのであろうその皿を見ると
確実に約束された人間の未来への希望の証を見たように思うのである。

「終わったかのような所に始まりはある。」

私は食べる事が次の何かしらへのエネルギーとして
活用されるという元に食すものこそ一番美味しいと考えている。
その考えがあるがゆえに、食べ終えた皿が私にとって一番美しいのだ。

———————————————————————————————————————-

書籍
『皿と血』 TAKAGI KAORU

『皿と血』は
TAKAGI KAORUにとって初の書籍となります。
この本の制作は、彼女が敬愛するゲスト達の為に皿を作るところから始まりました。
その皿で彼らは2年間暮らし、「食した後の皿」から見出だした
「景色」を撮影していきます。TAKAGI KAORUもこの行為を繰り返しました。
そして、その景色とともに綴られたTAKAGI KAORUの生きのびる根源となる言葉は、
ゲストが新たな物語を描く源となりました。
留まる事無く互いを行き来し、脈々と続いていく作家とゲスト達が織りなす
濃厚なコミュニケーションは陰の往復書簡です。
物語はどこからでも始まる。
きっとこの本を読む方々も新たな自身の物語を描く事となるのではないでしょうか。

『皿と血』 TAKAGI KAORU | キンカンパブリッシング (2018年1月出版)
A4  背綴じ/表紙ハードカバーB3変形・陶片付/100P/参考価格 ¥5,500 (外税)

 

TAKAGI KAORU / 造形作家
http://www.takagikaoru.com
粘土を一生ともにする素材として、立体や器を制作。
器とは「受け」「与え」そして「変化させる」為に重要な道具であるという捉え方に軸を置くことで、
人自身もその条件を満たす器であり、世の中には器になり得る物が物質に限らず無数に存在することを表現。
近年は、参加者がTAKAGI KAORUの作品を道具として使い、
「新たな制作を作家と共に行う時間」というパフォーマンスを主体に活動。
器のブランド Wo shi Ribenren 主宰。
「日常の食事」をテーマにし、Wo shi Ribenren の作品で食事をする店「ひととき」を運営。

ゲストアーティストプロフィール (順不同)

mamoru / サウンドアーティスト
http://www.afewnotes.com
想像力と様々なリサーチ手法を用い、過去、現在、未来/架空の音風景を「聴くこと」から「あり得た(る)歴史」などを題材にした作品を制作。国内外の現代美術館、ギャラリーでの展示、パフォーマンス多数。

高木耕一郎 / アーティスト
http://www.koichirotakagi.com
アメリカのアートスクールを卒業後、 NYを制作拠点として活動。現在は東京で制作をする。刺繍、ステンシル、ペインティングなど様々なマテリアルを使って動物を描く作品は、常に現代社会がかかえる「違和感」をテーマとしている。国内外を含めた個展やグループ展への参加、ファンションブランドとのコラボレーションなど幅広く活動。

matohu 堀畑裕之 関口真希子 / デザイナー
http://www.matohu.com
「日本の美意識が通底する新しい服の創造」をコンセプトに2005年に設立。現代日本のファッションデザインを代表するブランドとして東京コレクションや海外のメディアから、高い評価を受けている。

岡崎純 / クリエイティブディレクター
デザインスタジオのgroovisionsを経て、London、NYC、Torontoなどの生活と文化をリサーチ後、2010年に、RECTERA INC.を設立し、クリエイティブディレクションを行う。Spiral / Wacoal Art Centerのプロジェクトディレクターも兼任。主なプロジェクトとして「スマートイルミネーション横浜2012/2014-2017」「道後オンセナート2014」「TOKYO ART FLOW 00」「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017」などがある。

牧かほり / グラフィックアーティスト
http://www.k-maki.com
植物や人間のエネルギーをモチーフに、一枚の絵から、プロダクトや映像スペースデザインに展開する活動をしている。自身の創作活動とともに、国内外のアーティスト、企業とのコラボレーションなどを多く手がけ、近年アップル社 アドビシステムズとの共作をきっかけにデジタル作品にも力を入れている。第12回 文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員会推薦作品受賞。

 

キンカンパブリッシング

金柑画廊が展示のカタログ制作の為に2013年に立ち上げた出版レーベル。
主な書籍 『paper tour catalogue』紙の旅制作委員会 2013年 / 『holly journey』Koumoriya 2015年 / ミニカタログ no.1 (2016年~)

金柑画廊
2006年に東京・目黒にてスタートしたギャラリースペース。2009年に開催した古書イベント「my neighbor’s books」以降、主にビジュアルブックの古書や新刊書籍などの取り扱いを始める。2013年、収集した観光絵はがきの展示「paper tour」のカタログ『paper tour catalogue』の制作を機に、出版レーベルをスタート。企画展を中心にワークショップ、ライブなど、ジャンルにこだわらずに開催。

書籍の購入をご希望の方は、金柑画廊|キンカンパブリッシングまでお気軽にお問い合わせください。 取り扱い書店でのご購入、発送での販売も対応しております。
kinkangallery*gmail.com (*を@にご変更ください)太田まで

Read More

IMG_0694
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「holly journey」< 卓上のKoumoriya> at DELFONICS
6/14.火ー7/11.月 ※7/14.木まで延長しました。
10:00-21:00
デルフォニックス渋谷ギャラリー
150-0042 東京都渋谷区宇田川町15−1 パルコパート1 B1F
03-3477-5949
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Koumoriya「holly journey」の展示が、今度はデルフォニックス渋谷ギャラリーにて開催されます。
今回のテーマは<卓上のKoumoriya>です。毎回趣向を凝らして展示をされるKoumoriya。今回がどんなものになるのか足を運ぶのがとても楽しみです。k

ープレスリリースより抜粋ー

そして、作品を考え、制作することは、旅のようでもあります。「向かうべき方向を決め、必要な情報を集め、道具や材料を準備し、その工程を考え、行動する。」その創作の旅に必要な道具たちは、まさに文房具や画材です。
卓上に集まったそれらは、夢見た場所に到着するための、愛らしくも頼もしい仲間たち。
今回の展示では、制作にあたってイマジネーションを与えてくれるものや、道具、絵画、デザイン、プロダクト、書籍など「もの作りの卓上の風景」となるKoumoriyaの旅支度、旅行記のような空間をイメージしました。どうぞお楽しみください。

ーKoumoriya 伊藤弘二ー

Read More

webhjm

 

旅の目的地は、日常の中に人知れず存在していたその場所へと向かいました。

ーKoumoriyaー

 

書籍「holly journey」の著者であるKoumoriyaの展示が、流浪堂, coccaに続きまして、次は森岡書店銀座店にて開催されます。Koumoriyaは「holly journey」を、それぞれの場所にこだわりながら作り続けてきました。今回のタイトルは<美術と暮らしの間に架かる小径>です。絵画作品やレディメイド作品を中心に、本の世界が紡ぎ出されます。k

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「holly journey」<美術と暮らしの間に架かる小径>展

5/31.火ー6/5.日  13:00-20:00

森岡書店銀座店
104-0061
東京都中央区銀座1−28−15 鈴木ビル1F
TEL 03-3535-5020
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Read More

昨年に出版した書籍『holly journey』と同タイトルのKoumoriyaさんによる新作テキスタイルがcoccaさんにて発売されます。
新作テキスタイルとともにKoumoriyaさんの展示も開催されるので、是非是非足を運んでみてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「holly journey」< テキスタイルへの旅>
2016/5/3.火・祝ー5/15.日
11:00-19:00/月曜定休日
cocca
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-31-13
03-3463-7681
http://www.cocca.ne.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
IMG_0514

cocca dm

Read More

Koumoriyaさんの展示が『holly journey』の関連展示として<続・山の部屋(トーチカの中から)>が 古本遊戯 流浪堂(学芸大学)で開催です。
流浪堂さんとKoumoriyaさんのコラボレーションを味わえる良い機会でもあります。都会の中の「山の部屋」に何度も足を運ばされてしまいそうです。

「holly journey (ホーリージャーニー)」
<続・山の部屋(トーチカの中から)>

冬の始まり、
本が積み重なる古本遊戯 流浪堂の奥のトーチカは
Koumoriyaの山の部屋になります。
古い本と暮らしのもの、 そしてKoumoriyaの思いを綴った“新しい”本。
是非、本のすきまからこの部屋を訪ねに来てください。
20151211_205511_3
2015/12/14(月)~2016/1/17(日)
平日12:00~24:00/日祝日11:00~23:00
※12/31(木)は17:00まで、1/1(金)~3日(日)は休業いたします。

場所 古本遊戯 流浪堂 トーチカ(展示スペース)
〒152-0004 東京都目黒区鷹番3-6-9
鷹番サニーハイツ103号 ☎03-3792-3082
流浪堂facebook
https://www.facebook.com/流浪堂-153603588097115/timeline

hollyjourney02

Read More

「holly journey」も無事に終了いたしました。足を運んでくださったみなさま、本当にありがとうございました。

次回、学芸大学の流浪堂さんにて12/14(月)-1/17(日)の期間で展示を巡回させていただきます。趣向も変わりますので、いらっしゃった方も楽しんでいただけると思います。

とてもありがたいことに取り扱っていただける書店も新たに増えました。

誠光社(京都)  http://www.seikosha-books.com
代官山 蔦谷書店 http://daikanyama-tsutaya.blogspot.jp

これから「holly journey」の巡回展示が少しづつ続いていきそうです。お知らせ、ご報告していきますのでどうぞよろしくお願いします!k

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Read More

「holly journey」を手にとっていただけるお店が増えました。お近くにお立ち寄りの方は是非足を運んでみてください。

・流浪堂(学芸大学)  https://www.facebook.com/流浪堂-153603588097115/  
・READAN DEAT(広島)  http://readan-deat.com
・ひととき(日吉)   http://www.woshiribenren.com/hitotoki/
・手と花(神田)  http://tetoka.jp

※READAN DEAT、ひととき、手と花 では「paper tour catalogue」も置かせてもらっています。

書籍について→キンカンパブリッシング
 
取扱店大募集しております!
お問い合わせはこちらです 

20151107_151556
20151107_163633 

Read More

コウモリヤさんの本「holly journey」を書店やイベントにおかせていただいてます。
とても素敵な空間においていただき目に触れる機会が増えたことが本当に嬉しいです。

書店:

B&B(下北沢) http://bookandbeer.com
(こちらには「paper tour」も置いていただきました。)
SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERS(渋谷) http://www.shibuyabooks.co.jp
SUNNY BOY BOOKS(学芸大学) twitter:@sunnyboybooks

イベント:

「Daikanyama Design Department」
 2015/10/24(土)ー11/3(火・祝)
「代官山デザインフォレスト」sakumotto
 場所 : 代官山蔦屋書店2号館建築コーナー

こちらのブースにコウモリヤさんが参加をされています。
展示の様子はコウモリヤブログよりご覧になれます。
いろいろな方々が参加をされていて、とても面白いイベントとなっています。お近くにお越しの方は是非是非お立ち寄りください。

そして「holly journey」をとりあつかっていただけるところを現在募集しております。興味を持たれた方は質問だけでもなんでも構いませんので、お気軽に是非お問い合わせください。
info@kinkangallery.com または お問い合わせ より 太田まで。
どしどしお待ちしております。

「holly journey」はもちろんコウモリヤさんでも絶賛販売中です。
現在、コウモリヤさんのガラス窓はこんな感じになっています。その後新しくシルバーでロゴマークも追加されました。今後どんどん増えていく?かもしれません。

20151020_192702

キンカンパブリッシングの書籍について

Read More

20150910_132905
金柑画廊にて「holly journey」(キンカンパブリッシング)の出版記念として、コウモリヤの日々見つけてきたものや創ってきたものを展示いたします。
コウモリヤは駒沢通りにある伊藤弘二さんが運営する古道具のお店でありながら、その活動は多岐に渡っております。「holly journey」はそんなコウモリヤの仕事を様々な角度から集約した本となっております。
「もの」としても「本」としても楽しめる、そんな本と展示を皆さんに満喫していただけたらと思っております。k

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「holly journey」
2015.10.1.木ー11.23.月・祝
※10.24,25はお休みになります。
木・金・土・日・祝 開廊
12:00-19:00

10.3.土 18:00-
オープニングパーティー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「holly journey」
500部限定
(Special edition 200部)
2015年10月1日刊行予定 
A5 20p(カラーページ 8p)
アイレット綴じ 5冊セット
ファイルにバインディング
¥3,200(税別)
 
監修・挿画・文  Koumoriya
編集デザイン  朝倉加代子
撮影  太田京子
撮影協力  cocca
製本  有限会社 篠原紙工
印刷  株式会社 明祥
外表紙製作  B.N.K
製作  金柑画廊
発行  キンカンパブリッシング
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キンカンパブリッシングの書籍について

Read More